考える女性
首のイボには大きくわけてウィルス性のものと老人性のものがあります。老人性のものと言うと何だかお年寄りになったような感じですが、そうではなく、若い人でもなります。遺伝的な要素もありますが、多くは肌のターンオーバーがうまくいかなくて、肌の角質の一部が硬化した部分が突起したり、黒褐色になってしまったりした状態をいいます。

老人性のものは首にポツポツと現れるのが特徴で、放っておいても害はありませんが、数が増えたり、大きくなったりするので、どうしても気になってしまいます。そうなる前に出来るだけ早く皮膚科を受診することをおすすめします。どの種類のイボか判断してもらい、適切な処置をしてもらえば早期に元通りの状態に戻せるからです。

皮膚科に行くとレーザー治療や液体窒素によって患部を凍結させて除去する方法、小さなハサミによる切り取りなどで切除してもらえます。どの方法もある程度の痛みを感じます。ただし小さなハサミを使う方法でしたら、痛みはほとんどなく出血もあまりありません。液体窒素を使う場合は健康な皮膚にまで影響を及ぼし、イボが深い場合は黒いシミとして跡が残る場合があるので医師と十分な相談が必要です。レーザーの場合は美容皮膚科などで施術してもらえます。施術前に麻酔をしてもらえますが、もし耐えられないようであれば素直に伝えましょう。

いずれにせよ一定期間の間は通院が必要となります。そんな時間がないという人は医師に相談した上で薬やクリームを使用してみると良いです。悪性のものでなければ、食生活に気をつけたり、生活態度を改善したりするだけで、かなり症状は改善されます。最近市販されているクリームなどはハトムギエキスやあんずエキスなどが入った高機能なものが多く、継続使用して首に出来たポツポツを目立たなくしてくれます。その上保湿成分が配合されているものがあるので、そのような商品を使えば同時に美肌を目指すことができますのでおすすめです。